【車道】さ〜どぷれいすな日々。

車のお医者さんを目指してます!車を乗る全ての人に役立てるように記事を書いてきます!

BE5 レガシィ ブリッツ ブローオフバルブBR 取付

f:id:third_place:20210223204533j:image

 

こんにちは〜!

 

今回はレガシィBE5にブリッツのブローオフバルブを取り付けました。

 

スバルはあまり触った事がないのですが、頑張っていきたいと思います。

 

f:id:third_place:20210222044331j:image

 

低走行で、とても綺麗なレガシィです。

確かEJ20はガラスのエンジンでしたっけ?2000ccで280馬力も叩き出しているのでピーキーなんでしょうか…。ブースト圧は純正で1.2kpa位ですが、マフラー交換等してるのでオーバーシュートして1.3kpaってとこですかね。

 

基本的にはタービンを保護する役割ですが、純正バルブだとリリース(圧を多少逃す)の役割もあるのでそれを社外品に交換する事で、その機能を殺してしっかりと圧を叩き込むという感じですかね?

 

とりあえず…作業開始です!

 

f:id:third_place:20210222044549j:image

 

今回は新品ブローオフ本体と、大気開放では車検に通りませんのでリターンパイプ(これで7000¥?らしい)を買ってこられました。

 

※撮り忘れヨイカ!→ダメw

 

戻りのホースを外して…

f:id:third_place:20210222045405j:image

 

ゴミが入らないよう付属のキャップとホースバンドで先にメクラしちゃいます。

f:id:third_place:20210222045905j:image

 

純正のバルブを取り外します。エンジンルーム整備性悪い!エンジン熱い!初体験!

f:id:third_place:20210222045150j:image

 

新旧比較

f:id:third_place:20210222050145j:image

 

やっぱり純正の方が中のバネが柔らかいですね…そして圧を逃す穴が空いてます。

 

※ブローオフのバネの調整は、出荷状態でミディアムかな?オプションで別売りのバネもあります。出荷状態からややソフト方向で調整しました。

 

f:id:third_place:20210222050517p:image

 

社外ブローオフの取付の際、純正よりバルブの本体が大きく、ファンネルも出てるのでカプラ、ホース類は外します。それでも当たる様であればインタークーラーをバルクヘッド側に微妙なずらしてクリアランスを確保します。

 

f:id:third_place:20210222050940j:image

狭くて大変でしたが、なんとか着きました!恐らく手が大きい方は無理でしょう…。

分岐はスロットルに向かう負圧のホースに割り込ませればOKです。

 

 

良い感じです(°▽°)!

 

そして、

 

 

作業完了後…。

 

んっ!?』

 

f:id:third_place:20210222051407j:image

オーナー様が帰られたので、掃き掃除(日課ですw)をしてるとオイル滲み!明らかにレガシィちゃんのです。

 

『垂れてる場所からしてデフかなぁ』

 

後日、覗いてみると。

f:id:third_place:20210222051754j:image

 

…やっぱり!結構漏れてんなこりゃ。

 

f:id:third_place:20210222051918j:image

デフのフロントシール&サイドフランジのシール交換ですね。

 

何時から漏れてるかはわかりませんが、短時間で数滴でしたので、何ヶ月も気付かなければ結構な量が漏れてしまいます。デフのオイルなんて1ℓも入ってないですからね。早く気付いてあげれて良かったです。

 

作業完了後にディーラーに行く用事があったそうなので、入院覚悟でそのまま交換してもらったそうです。

 

追記2/22

車検が、近いとの事でブローオフをリターン仕様へ&サクションパイプにヒビが入っているとの事でサムコのホースに交換しました。

 

f:id:third_place:20210222053429j:image

 

帰り掛けにマフラー磨いてあげました。

 

またのご利用お待ちしております!

 

ではまた〜♪